現在の位置 : ホーム > 群馬県の自殺の現状 > 第2次群馬県自殺総合対策行動計画

第2次群馬県自殺総合対策行動計画

第2次群馬県自殺総合対策行動計画-自殺対策アクションプラン-

(平成26年3月)

我が国の自殺者数は、平成10年に急増し年間3万人を超え、その後も多い状況が続いています。本県においても全国と同様、平成10年に年間の自殺者数が500人を超えて以来、毎年500人前後の方が亡くなっています。平成24年には459人まで減少しましたが、依然として多くの方が自殺で亡くなっています。
県では、従来、精神保健の一環として、特にうつ病に焦点を当てた対策を講じてきましたが、自殺の原因が多岐にわたるため、総合的な自殺対策を推進するため、平成21年5月、「群馬県自殺総合対策行動計画」(計画期間:平成21年度~平成25年度)を策定し、さまざまな取り組みを行ってきました。計画期間の満了にあたり、引き続き総合的な自殺対策を推進し、「誰もが自殺に追い込まれることのない社会の実現」を目指すため、これまでの自殺対策の進捗状況や国の「自殺総合対策大綱」の見直し等を踏まえ、「第2次群馬県自殺総合対策行動計画-自殺対策アクションプラン-」を策定しました。

自殺対策の基本的な考え方

イメージ

  • 県民一人ひとりが自殺予防の主役
  • 誰もが相談できる相談体制の充実・強化
  • 対象を明確にした取り組み(世代別の対応・自殺未遂者支援・遺された人への支援)
  • 地域の実情に応じた対策
  • 県、関係機関・団体、企業及び県民の連携・協働

目標

平成30年までに年間自殺者数を400人以下とする。

○第2次群馬県自殺総合対策行動計画 - 自殺対策アクションプランの詳細はこちらをご覧ください。

第2次自殺対策アクションプラン①(表紙~目次)(PFF/248KB)

第2次自殺対策アクションプラン②(本文1P~30p)(PDF/731KB)

第2次自殺対策アクションプラン③(資料編31p~37p)(PDF/305KB)

第2次自殺対策アクションプラン④(資料編38p~50p)(PDF/292KB)